その腰痛は‥!?

2018.09.20・更新

その腰痛は‥!?

皆さん、こんにちは。昨日はひざ痛についてお話ししましたが、今日は腰痛についてお話ししようかと思います。ひざ痛同様に、慢性的な腰痛には症状によって様々な種類があります。まず、変形性脊椎症です。加齢によって関節を覆う軟骨がすり減り、椎骨と椎骨の間の椎間板の弾力性が失われ、つぶれたりずれたりします。そのことで、椎間板に接する椎骨の表面に力が加わり、かどに骨棘というトゲのでっぱりができます。これが神経を刺激することで痛みや痺れの症状が起きます。変形した骨を元に戻すことはできませんが、日常生活に支障をきたさないように痛みを軽減することが大切です。薬物、装具、温熱、運動、などの保存的治療を行います。次に、腰部椎間板ヘルニアです。椎間板の表面を覆う線維輪に亀裂が生じ、そこから中身の髄核がとびだして神経を刺激することで、腰から足にかけて痛みをおいます。これは、坐骨神経痛も引き起こします。線維輪に亀裂が入るのは、老化によって弾力が失われるためです。ヘルニアは、姿勢をまっすぐに伸ばすことで楽になります。次に、腰部脊柱管狭窄症です。椎骨の中央の空洞で、神経の進路になる部分を脊柱管と言いますが、脊柱管が何らかの原因で狭くなり、中をとおる神経が圧迫されて、腰痛やあしのしびれなど様々な症状が引き起こされます。この症状は、前傾姿勢になると脊柱管が広くなるため、楽になります。次に、骨粗しょう症ですが、骨の中の骨塩の量が減少して、骨がスカスカになり骨折を起こしやすい状態を言います。これは、加齢とともに新陳代謝のバランスがくずれ、骨を形成する力が低下することで起きます。次に、腰椎分離症、腰椎分離すべり症です。腰椎の後ろ半分は、椎弓といって、リング状の構造をしています。これが過度の運動によって度重なる負荷をうけると、骨折し、最後には骨が分離してしまいます。この症状は若い方に多いのですが、放置し加齢で椎間板の変形も加わると、上下椎骨が破綻し、椎骨が前後へ滑り出した状態になります。これが腰椎分離すべり症です。それぞれの症状に合った治療法があります。少しでも腰に違和感を感じる方は、早めに対処していくことが大切ですね。当店の電位治療器も、腰痛にお悩みの方におすすめしております。一度ぜひ試してみてはいかがですか?