その疲れは‥?

2018.09.11・更新

その疲れは‥?

皆さん、こんにちは。今日は昨日とは打って変わって、過ごしやすいお天気ですね♩ さて、今日は日頃の疲れについてお話ししたいと思います。疲れは、乳酸が体内に蓄積されることで感じるとされています。乳酸は肝臓にも運ばれますが、その運ぶ働きをしているのが血液です。血液循環が良いと、乳酸はどんどん肝臓に運ばれはやく処理され、疲れがとれます。入浴やマッサージで疲れがとれるのは、この理由です。現代人は肉体疲労よりも精神的な疲労を溜めやすいとも言われています。また、慢性的疲れの原因とされる貧血ですが、食事で予防することもできます。貧血には鉄が良いとされますが、乳製品、レバー、ひじき、焼きのりなど海藻類、ほうれん草、小松菜、パセリ、大豆、煮干し、鰹節、ゴマ、しじみ、あさりなどに多く含まれています。またビタミンCは鉄の吸収を助ける、とされています。果物や緑黄野菜に含まれています。そして、鉄と同時にたんぱく質を取ると良いとされていますが、たんぱく質は、肉、魚、豆腐、納豆などに多く含まれます。いろんな種類の食事をとることが大切ですね。現代人の疲れは主に、★貧血により、血液で全身に運ばれる酸素の量が減って、疲れやすさがでてくる★慢性的に疲労がたまって、解消ができず、自律神経のバランスが悪くなる★ストレスによって自律神経のバランスが悪くなる★睡眠不足、軽い鬱などが挙げられます。疲れをためないこと、大切ですね。