免疫力!

2018.08.29・更新

免疫力!

皆さん、こんにちは。今日は免疫力についてお話しします。免疫力とは、私たちの体を脅かす外敵や、体内に生じた有害なものを見分け、攻撃・排除してくれる生体防御システムです。現代人の食生活や生活習慣、ストレスの多い環境は、免疫システムの司令塔である樹状細胞の働きを妨げてしまいがちです。タイプ別に見ていきましょう! ①肌荒れタイプ‥樹状細胞の体内監視機能が低下します。皮膚には樹状細胞がたくさんいて、表皮から体内を常に監視し、がんや出血など何か異変が起きたときに、体内の免疫細胞に攻撃使令を送ります。対処法は、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、栄養素をとること。血液改善や新陳代謝を良くすることです。②ストレスタイプ‥免疫システムは自律神経に支配されています。ストレス、過労、生活習慣の乱れで自律神経のバランスは乱れがちです。対処法は、自分なりのストレス解消法を工夫したり、強い体づくり。また、規則正しい生活習慣、十分な睡眠、バランスよい食事が大切です。③冷えタイプ‥体温が低い人は病気になりやすいです。冷えは血液のめぐりが悪い状態です。体のすみずみまで栄養や酸素が行き渡らず、免疫が低下しています。樹状細胞や免疫細胞は温かいところで活発になります。対処法は、適度な運動、マッサージや入浴、バランスのよい食事、生活習慣の見直しです。④かぜタイプ‥一年に何度もかぜをひく、重症化する人は免疫力が弱まっています。対処法は、十分な睡眠、規則正しい生活、栄養バランスのよい食事です。⑤老化タイプ‥疲れやすい、体力が落ちたという人は、樹状細胞そのものが衰えてきています。肝臓の樹状細胞は、ウイルスなどさまざまな有害物質を無毒化、排出する重要な仕事をします。その機能が衰えると酸化して老化します。対処法は、糖質をとりすぎないこと。また酸化が進む鉄のとりすぎにも注意です。⑥おなか不調タイプ‥腸は体のなかで最大の免疫器官です。口にする食物は、大腸菌やサルモネラ菌など細菌やウイルスが含まれ、腸の粘膜は常に外敵侵入の危機にあります。対処法は、バランスのよい食事。また、下痢や便秘を治すことです。⑦アレルギータイプ‥樹状細胞が酸化すると、自分自身の体を攻撃させるような誤った使令を出します。誤った食生活、生活習慣の乱れ、ストレス、加齢などが原因です。対処法は、生活習慣全般の改善です。免疫力について触れましたが、また後日さらに詳しく述べたいと思います!!