肩こり予防!!

2018.08.28・更新

肩こり予防!!

皆さん、こんにちは。今日は肩こりの原因と予防についてお話ししたいと思います。主に肩こりの3大原因は、①姿勢の悪さ②悪い姿勢を作る生活環境③精神的負担(ストレス)と言われています。まず、猫背は、前方に傾いた首を支えるために、首や背中の筋肉が常に緊張をしいられるので肩こりになります。また、なで肩は筋肉の発達があまりよくないため、他の人に比べて筋肉が疲労しやすいです。また、扁平足は体を安定よく支え、歩くときにばねの役割を果たす土踏まずがないため、体の安定が悪く、足が疲れ肩こりにも影響します。また、冷え性の方は、寒さを避けるための姿勢、すなわち体を縮めて小さくする姿勢は、肩こりによくありません。筋肉の緊張と血管の収縮がうっ血を起こし肩こりの原因となります。また、痩せたいばかりに無理な食事制限をして、鉄分不足に陥ったり、赤血球の数が少なくなったりしたために起こる貧血も、肩の筋肉に影響し肩こりとなります。その他、太り過ぎ痩せ過ぎの体型や、運動不足、更年期、精神的ストレスでも肩こりを引き起こします。予防としては、姿勢の矯正で日頃から背筋を伸ばし、首や肩をこまめに動かすことが大切です。また、腕立て伏せなどで筋肉を鍛えたり、週に3、4日、できれば毎日運動することが重要です。日頃の生活から意識していきましょう!