ストレートネック

2018.08.24・更新

ストレートネック

皆さん、こんにちは。台風も近づいてきて嫌な天気ですね‥。 さて、今日はストレートネックについてお話ししようかと思います。本来、頸椎(首の骨)は、30〜40度の湾曲があります。それが、長い間の姿勢の崩れや頸椎の疲労などによって、湾曲がストレート=まっすぐになってしまう状態を言います。これになると頭部の重心が前に移動してしまうために、頭を首の筋肉だけで支えなくてはならなくなります。結果、筋肉が緊張し慢性的な首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。症状が進行すると、首の神経を痛め、頭痛、片頭痛、手足のしびれ、めまいなどを引き起こすことがあります。姿勢の崩れで、首だけでなく身体の様々な箇所に悪影響を及ぼすんですね。こうなる原因として、長時間うつむき姿勢のスマートフォンや、パソコンの使用、猫背、姿勢不良などが挙げられます。 普段の生活で正しい姿勢を意識していきたいですね。耳の穴と肩口が一直線に揃う位置になることが正しい姿勢と言われています。またこまめな1分間エクササイズで、首肩周りの滞りを解放することがおすすめです。側屈では、首を横に寝かせる動きは、首の前側と後ろ側の筋肉を同時に働かせることができます。頭の重みを利用して、ゆっくり呼吸を止めずに右へ左へ傾けてみて下さい。また回施では、首の骨をひねることで首の巡りをアップさせ、目線を水平にしたまま、首だけ横向きに動かします。その時に、肩から下の胴体は正面を向いたまま、鼻先を自分の真横に持っていこうと動かします。 普段から姿勢を気にして生活していきましょう。