肩こりにはこれが良い!

2018.08.10・更新

肩こりにはこれが良い!

皆さん、こんにちは。今日は肩こりに良い食べ物のお話しをします!まず、頑固な肩こりには、黒酢足湯が効果的です!黒酢は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。黒酢の酸は、アルカリ性に傾いた皮膚の病変部を中和し、感染症を防いでくれたり、また美肌にも効果があります。アミノ酸は皮膚から浸透し、こりや痛みの原因となる毒素の排出を促してくれます。 またみかんの皮湯で肩こりと冷え性を撃退しましょう!みかんの皮に含まれる油分には、リモネンの働きがあります。リモネンは毛細血管を拡張させて血流をスムーズにします。すると、筋肉の疲労がとれ、肩こりや腰痛、手足のむくみや神経痛に有効です。またビタミンCには、抗酸化作用があり、肌の老化現象(シワ、しみ、くすみ、たるみ)を改善する効果もあります。 また、肩こりの原因は筋肉にたまった乳酸タンパクと言われています。肩が凝っているときは、肩や首筋の筋肉が強張り、かたくなっています。これは、血液中の乳酸が肩の筋肉の中に入り、乳酸タンパクになっているからです。クエン酸が、乳酸タンパクを分解して洗い流し、こりを解消してくれます。レモンなど酸味の強い柑橘類に多く含まれます。 また春菊はビタミンB1の吸収を高め、肩こりに大効果です。菊の花をせんじて飲むと、上半身の血行がよくなり、首から上の余分な熱がとれて、頭痛、肩こり、目の充血の解消によくら効きます。肩こりは、首や背骨を支えている筋肉の収縮する力が衰えているためにおきます。収縮を助ける食べ物には、カリウムをたくさん含んだバナナやプレーンなどの果物。またビタミンEやマグネシウムを多く含んだナッツ類。またストレスには、グレープフルーツやミントなど、リラックスを促す香りのある果物やハーブがおすすめです。 以上、肩こりに効果的な食べ物を紹介してきました!明日からお盆に入りますね。お仕事でお疲れの皆さん、ゆっくり体を休めてくださいね!プルメリアのお盆休みは11日(土)〜15日(水)です!