正しい「入浴」してますか?

2018.07.13・更新

正しい「入浴」してますか?

皆さんこんにちは!明日から三連休の方も多いかと思います。ゆっくり疲れをとって下さいね♩ さて、皆さん、健康に大事なものって何だかおわかりですか?それは、「体温」と「血流」です。あらゆる病気の根源にはこの2つが必ずあります。健康である条件は、低体温でないこと(36.5℃以上の体を維持すること)が大切です。この正常な血流状態であれば十分に免疫力が働き、自律神経のバランスもよくなります。 そのために重要となってくるのが正しい「入浴」です!皆さんはどのくらいの温度で入浴していますか?42℃以上の熱いお湯は、血管や心臓に負担がかかり逆効果です。お湯の温度は37℃〜40℃のぬるめ、そして15分以上の入浴がおすすめです。理由は血流は入浴から10分後に上昇すると言われているからです。 そして、当店で販売中のホットタブという入浴剤を3錠入れての入浴がさらにおすすめです!このホットタブは重炭酸イオンであり、血液中に溶解・運搬され、血管を拡張、血流を促進させます。 通常の入浴剤は、炭酸ガスのまま数分で空気中に逃げるのに対し、ホットタブは重炭酸イオンとなり水中に溶けます。それは、血液の性質が中性であり、重炭酸イオンも中性であるので、血管に吸収されやすく、身体に浸透し、血管を広げ血流を促進させ温まるのです。重炭酸イオンは冷え性だけでなく、肩こり、腰痛、疲労回復、神経痛、リウマチ、あせも等にも効果があります。 気になった方は是非、お問い合わせ下さいね!