日本人の体温は下がってる

2018.03.24・更新

日本人の体温は下がってる

「すべての病気は低体温から」とは、新潟大学名誉教授だつた故安保徹氏の言葉です。戦後、国民の体温が1℃も低下して35度台となり、糖尿病、癌、認知症、花粉症、アトピーなど、戦前になかった病気が増え続けています。女性の88%、男性の48%が冷えを訴えて、不調や不眠、うつなどの心疾患も増えています。ストレスなどの理由によるものですが、薬や化学物質の影響も大きいようです。36.5℃以上である事を目指して、ホットタブがお手伝い致します。