体温を上げるという事

2018.03.08・更新

体温を上げるという事

健康の基本は、すべての細胞のすみずみまで血流が行き届き、体温が36.5℃以上あること。血流は栄養と酸素と健康を運ぶインフラです。酸素もホルモンも、皮下のヒアルロン酸もコラーゲンも、低体温では機能しません。自然炭酸泉を再現するホットタブは、重炭酸イオン温浴効果を高め、それにより血流が上がり、体の冷えを解消。さらに、お肌や髪のツヤ、うるおいを高め、肩こり、リウマチ、神経痛、ニキビを改善します。毎日を健康に過ごすために、体を温める生活をしませんか。