意外と危険な経皮毒

2018.02.15・更新

意外と危険な経皮毒

健康になるお手伝いをするプルメリアです。今回は経皮毒についてです。戦後、石鹸や、洗剤、シャンプー、リンスなど皮膚に接触する化学物質が氾濫しました。経皮からの吸収は蓄積し飽和状態に達すると色々な病気の発生原因になるとの報告もあり危険視されてきました。飲用したものは肝臓がある程度解毒しますが、お風呂は無警戒、危険な経皮吸収の場。ホットタブは洗剤や残留塩素をゼロにして、安全な入浴を可能にしました。